一日じゃ遊びきれない!幼児から大人までみんなで楽しめるアウトドア何でもあり、横浜「こどもの国」

こどもの国




神奈川県横浜市と東京都町田市にまたがって位置する、多摩丘陵の自然のとにかく広い土地に「こどもの国」はあります。

園内はあかポッポ号というバスが走り、牧場、たくさんの大型遊具、バーベキュー場、夏はプール、冬はスケートと子どもが楽しめるものは何でもある、有料の公園です。

とにかく広すぎて、一日じゃ回り切れません!!
お友だちに教えていただいてから、まだ2回しか行ったことがありませんが、こどもの国の魅力をお伝えします~。

こどもの国とは

こどもの国は、当時の皇太子殿下(平成天皇陛下)のご成婚を記念して集められたお祝い金を基金に、1965(昭和40)年に5月5日こどもの日に開園しました。
2015年に開園50周年を迎えています。

こどもの国の基本情報

住所  :神奈川県横浜市青葉区奈良町700
アクセス:東急こどもの国線「こどもの国」駅より徒歩約3分
     小田急線「鶴川」駅より、小田急バスで約15分
(駐車場も広いですが、休みの日はとても混雑するので、渋滞緩和のために公共交通機関の利用を推奨しています)
休園日 :毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は、開園)
     年末年始
営業時間:9:30~16:30(入園は15:30まで、7~8月は17時まで開園)  
入園料 :おとな・高校生:600円、中・小学生:200円、幼児(3歳以上):100円
※詳しい情報は、こどもの国のサイトをご参照ください。

こどもの国は、練馬からはちょっと遠い

行きは小田急の電車とバス

こどもの国
新型ロマンスカーを見たくて、行きは新宿から小田急線に乗りました。
窓が大きくて、カッコいいですね~。
いつか乗ってみたいです!

小田急線の鶴川駅で降りて、バスに乗り換えます。

こどもの国
鶴川駅からは「鶴07」こどもの国経由、奈良北団地行きに乗ります。
「鶴09」ことり橋経由、奈良北団地行きは、こどもの国に行かないので要注意です!

バスの本数が少ないので、事前に確認してから行った方がよいです。
※小田急バスの時刻表は、こちらをご確認ください。

帰りは、東急こどもの国線「こどもの国」駅から

こどもの国 こどもの国
駅前の桜並木が綺麗でした~。
こどもの国線は、こどもの国駅から長津田駅まで2駅の短い路線です。
東急田園都市線やJR横浜線に乗り換えができます。
練馬へは、渋谷駅を経由して副都心線に乗り換えると便利ですね!

こどもの国へGO!

入場と、入口付近の施設

こどもの国 こどもの国
門を入って右にチケット売り場があります。
春休みでお天気が良かったので、チケット売り場も入場口も混雑していました。

入場して右側に総合案内所、左側にベビーカーレンタルとコインロッカーがあります。

こどもの国 こどもの国
めっちゃ広い!桜が満開で、素晴らしい景色!!

今回の子どもたちの一番の目的は、こども遊牧場にある「モーモードーム」。
ちょうどいい時間だったので、あかポッポ号に乗って園内を周遊しながら牧場まで行くことにしました。

あかポッポ号

こどもの国 
あかポッポ号は、ミニSL前バス停を起点とし、園内4か所のバス停を巡回します。
一時間に1~2本しか運行しないので、乗れたらラッキーかも!?
(満員の場合、途中バス停では降りる人がいないと乗れないことがあるので、ご注意を)
※運行スケジュールは日によって変わります。こちらでバスの時刻をご確認ください。

途中、いろんな遊具エリアや川が見えました。

こどもの国 こどもの国
2018年3月にリニューアルオープンしたばかりの「なかよし広場」や毎年3月から水が流れる「せせらぎ」を通過。

こどもの国 こどもの国
「こども遊牧場」に到着。
広い芝生エリアがあり、みんなシートを敷いてのんびりしています。

モーモードーム

こどもの国 こどもの国
子どもたちが熱狂する「モーモードーム」。
東京ドームの屋根と同じ素材のゴムでできており、トランポリンのように跳ねて遊びます。
幼児用と、小学生用で分かれているので、小さいお子さまも安心。

他にもいろいろ遊具があるから移動しようと声をかけても、モーモードームがいいと言って、ホリサたちは合計1時間以上ここで遊んでました・・・。

モーモードームの隣には、「見晴らし台」という丘があります。
かなり高い丘で、上ったり転がり下りたりと、こちらでもよく遊びました。

特別牛乳サングリーン

こどもの国 こどもの国
牧場の売店ミルクプラントで、牧場で作られた「特別牛乳」が売っています。

特別牛乳(とくべつぎゅうにゅう)は、乳等省令(乳及び乳製品の成分規格等に関する省令)によって特別牛乳さく取処理業の許可を受けた施設で製造された無調整牛乳で、特別牛乳として販売されるものである。特に優れた飼育環境や特別な牛乳処理施設が必要とされ、日本全国に4か所(2015年4月現在)しか存在しない。

※Wikipedia 特別牛乳のページより。

関東では、こどもの国でしか販売していないそうです!
初めて見たわ~、特別牛乳って名称。
500mlの紙パックで販売されていますが、紙コップももらえるので、みんなで飲めますよ~。
ほんのり甘くてすっきりとした味わいでした!
牛乳好きの私は、一人で一本飲めたな~。

ちなみに、売店ではお弁当や焼きそばなど軽食もたくさん販売されています。
観光地のわりにお値段も良心的。
次回からはお弁当を持参せずに、お手軽にここで買うことにしようっと!

乳しぼり体験

こどもの国 こどもの国
土日祝日は、牛の乳しぼり体験をやっています。

満員でも、「モーモーヒップ」という模型で乳しぼり体験ができます!!
かなりリアルな牛のお乳の感触で、上手に絞ると水が出てきます。
本物の牛の負担も減らせるし、お客さんはお手軽に乳しぼりの疑似体験ができるし、いい模型だなーと思いました。

牛や羊のエサやり

こどもの国 こどもの国
1カップ100円でエサを買い、竹のへらで牛や羊にあげられます。
長い舌を使って器用にへらからエサを食べるところを、間近で見られますよ!
ホトモは、牛の舌とよだれにビビってました!

キュービックランド

こどもの国
ホリサたちのもう一つのお目当て「キュービックランド」。
積み上げられたたくさんの立方体の中を、縦横上下に進む立体迷路です。
他の公園では見たことがない遊具なので、ホリサたちも夢中で遊んでいました。

遊具の周辺にはベンチやはらっぱがあるので、座って見守りました~。
(ママはおしゃべりしながら休憩・・・)

その他の遊具

こどもの国 こどもの国
「おとぎの広場」
ゴム製で速く滑るすべり台や、柔らかい動物のオブジェがありました。

こどもの国 こどもの国
「ローラーすべり台」
全長110mと横浜で一番長いとそうです!
私とホトモは下で待ちましたが、上るのも大変そうでした~。

こどもの国
「クレーター」
すり鉢状のくぼみを、滑ったり上ったりする遊具(?)。
斜面は急で、白い部分はかなりスピードが出るので子どもはめちゃくちゃ楽しいらしい。

タイミングを見ないと、他のお友だちとぶつかったりとけっこう危険。
ホリサは夢中になりすぎて地面にひざをぶつけたりしたみたいで、怪我をしていました。
血も出てたのに、楽しすぎて遊び続けていました・・・。

こどもの国 こどもの国
明るいからまだまだ遊びたいですが、16時30分で閉園。
太陽をいっぱい浴びて、全身を使って、よく遊びました!
園内は自然がいっぱいで、大人の私もとても癒されました~。

まだまだ園内の20%くらいしか回れていないので、近いうちにぜひまた行こうと思っています。
今度はもっと暑くなっているだろうから、水着持参でせせらぎでも遊びます!

にほんブログ村 子育てブログ 一姫二太郎へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です