泥んこで遊ぼう!練馬区立こどもの森

こどもの森




練馬区の氷川台駅近くの閑静な住宅街にある「練馬区立こどもの森」は、子どもが自然の中で自由に遊ぶことができる公園です。
無料で入園できて、園内の道具も借り放題!
どんな公園なのか、ご紹介します。

練馬区立こどもの森とは

こどもの森の基本情報

住所  :東京都練馬区羽沢2−32−7
開館時間:[3月〜9月]9:00〜17:00
     [10月〜2月]9:00〜16:30
休館日 :12月29日〜1月3日
※こどもの森ホームページは、こちら
東京メトロ有楽町線氷川台駅からは徒歩10分程度、広い駐輪場があります。
駐車場は無いので、電車か自転車で行くことをお勧めします。

こどもの森での遊び方

決まった遊びはありません!自分で作ろう!

こどもの森
こどもの森は普通の公園とはちょっと違っていて、既成の遊具はほぼありません。
また、プレーリーダーという遊び環境を整えてくれる専門スタッフが常駐しています。
自分たちで創造して、遊具やおもちゃを作りながら遊びます。
その際、分からないことややりたいことがあれば、プレーリーダーさんに相談することができます。

こどもの森
到着したらまず受付名簿に来た人数を書き込みます。
練馬区内のどの地区から、区外からの人数を集計しているようです。

こどもの森
敷地の真ん中にこどもの森の家という名の管理棟があります。

こどもの森
冒険広場は、大きな水たまりができています。
自分たちで丸太や板を動かして、橋を作ろう!!

 こどもの森 こどもの森 こどもの森
木に吊るしたロープでターザン気分。
大きな布を利用してブランコを作ることもできます。
完成途中の建物にもどんどん登って遊べます。
階段なんて無いので、最初はどこから登ってよいのか戸惑っていましたが、大きい子の真似をしていろんなところからよじ登っていました。

こどもの森
虫取り網やかごを借りて、虫探し探検!
この日は、とんぼやバッタがたくさんいました~。

こどもの森
作業台ではどんぐり笛作り。
金づちやキリ、ヤスリなど、初めて使う道具もありますが、プレーリーダーさんに教えてもらって何でもトライ!

こどもの森、持ち物は・・・

 こどもの森 
こんな風に泥んこになるので、お着替え必須!!2着あると安心です。
手足を洗う水道もあるし、着替え用の手作りのロッカーもあります。
靴の替えも忘れないように!
泥んこ遊びの時は、サンダルや長靴があるといいですよ~。
貸し出しの長靴を借りることもできます。

園内に自販機などは無いので、飲食物は持参するか、徒歩2分のコンビニで調達しましょう。
敷地内のトイレには、おむつ替えシートも完備、また、小さい子が寝てしまったら、こどもの森の家のウッドデッキにベビーベッドがあります。
毛布や授乳ケープを借りることもできますよ。

イベントもたくさん

こどもの森
こどもの森はホノリ家からは自転車で30分ほどかかるので、頻繁には行けませんが、イベントもたくさん開催されているようです。
「こどもりもり」というこどもの森通信や、こどもの森ブログに予定が載っています。
毎週水曜日の放課後は小学生向けの勝負ゲーム、毎週木曜日は赤ちゃんやちびっこ向けの「ちびもりタイム」で初めての外遊び企画、毎週日曜日はたき火などができるようです。
また、季節ごとに、製作の日や農作物の収穫などもやっているようです。

今度はイベントのあるときに遊びに行ってみようと思います!
みなさんも、大自然で子どもと一緒に泥んこ遊びはいかがですか?

にほんブログ村 子育てブログ 一姫二太郎へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です